ザ・ガーデルトリオ

 タンゴの情熱を上海へ!


ザ・ガーデルトリオはアジアにおいて活躍する、タンゴのアンサンブル奏者です。メンバーのタンゴへの情熱は、いまや上海の音楽シーンを湧かせるようになりました。最近は、中国国内のあらゆるミロンガやコンサートで積極的に演奏しています。また、Skaði Recodsレーベルよりデビューアルバム「Reliquias」を発表しました。

 

 



音楽、ダンス、スタイル

ザ・ガーデルトリオは、熱狂的なタンゴダンサーたちによるプロジェクトの一環として発足しました。したがって、ダンスの先生たちやミロンガへ行く人たちが、ダンスを楽しめることを主に意識した曲のレパートリーとなっており、プグリエーセやダリエンソのようなアルゼンチンの「orquestastípicas」の影響を感じられる音楽感を演出しています。また、ガリアーノやピアッツォラ他の作曲による、コンサート曲のレパートリーもあります。最近の活動として、中国の楽器をタンゴ音楽に取り入れたり、上海のダンス団体とのパートナーシップのもとミュージカルシアターに挑戦したり、タンゴのレパートリーをより豊かにするための新しい発想を、常に模索しています。

 

 

 


微信  wechat

click to enlarge


Share buttons

The Gardel Trio

All rights reserved ®